ダイエット・腰周りのお肉を落とすための方法 Level②



こんばんは。

 

 

 

 

昨日、大きな仕事が一つ終わりました。

 

レッスンを影で支えて下さった担当者の方から、

お花を頂きました。ありがとうございます♫

 

 

 

 

パーソナルトレーナーの野口のりこです。

unnamed-7

 

 

 

 

<腰周りのお肉を落とすための方法 Level②>

 

「のび〜る」と「ちぢめ〜る」運動。

 

 

 

運動不足が原因で筋肉の衰えが始まる。

身体が柔らかくてのび〜るのが得意な人は、

ちぢめ〜るも大事。

 

 

 

筋肉が衰えると、身体が重力に負けて姿勢が悪くなる。

また、日頃一定の姿勢でいる事により筋肉が固まり、身体がどんどん縮まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

下記の写真をの様に、

姿勢が悪くなる事で肋骨と骨盤の間が短くなります。

 

内臓や脂肪が身体の中に収まることきず外に広がる事で、ウエストまわりが太くなり、腰周りにもお肉がつやすくなります。

IMG_6538

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

 

<のび〜る・ちぢめ〜る運動>

 

タイプによって動き始めを変えていきます。

・背中が丸くなっている人は、伸びから縮める運動を交互に行います。

 

・背中が沿っている人は、縮めるから伸びる運動を交互に行います。

 

 

 

 

 

 

のび〜る!!

指を組み、手の平をうえにし腕を上げ、

矢印の方向に骨盤を上に引き上げ伸びる。

unnamed-14

ポイント骨盤と肋骨の間でを広げるように上体をのばす。

5回大きく・ゆっくり呼吸をして、吸った時に伸びを意識します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちぢめ〜る!!

指を組み、手の平を胸側に。

腕を前にだし矢印の方向にお腹を縮める。

unnamed-13

ポイント骨盤と肋骨の間を縮めてお腹を凹ます。骨盤は後ろに。

5回大きく・ゆっくり呼吸をして吐く時にお腹を凹ます。

 

 

 

 

この動作を1日、5回行う。

 

伸ばす・縮める運動の効果には個人差があります。また、日頃身体を動かすことに慣れていない方は、伸ばす・縮める動作の範囲を徐々に広げていきましょう。

 

 

継続して行い、脂肪が燃えやすい状態にします。

 

 

 

同時に、身体の脂肪になる物を控えて、

適度な運動で燃えやくなった脂肪を燃焼しましょう!!

 

 

 

 

最終回:Level③に続く‥。

 

 

 

ダイエット・中目黒パーソナルトレーニング studio n_cruise

パーソナルトレーナー野口のりこ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA