ダイエット・リバウンドの多きな原因③


おはようございます。

 

 

たまにはラーメンが食べくなる、

パーソナルトレーナーの野口のりこです。

 

unnamed

 

そんな時は、

中目黒のトマトラーメンを食べに行きます♫

 

 

野菜たっぶり、

満腹になります( ´ ▽ ` )ノ

 

にしても、

 

この満腹ですよーっていう、

身体のサインがリバウンドに関係するとは。

 

 

リバウンドの多きな原因③は、

この満腹についてのお話となります。

 

身体の仕組みを知ることは大事ですね。

 

 

 

 

 

<リバウンドの多きな原因③>

 

満腹中枢・レプチンのコントロールが大切

 

 

images-8

 

ダイエットをしていると、満腹感に変化が出てきます。

 

 

 

「レプチン」とは‥‥。

食べ物が身体に入り、

脂肪が身体に吸収されると分泌されて、

脳の満腹中枢を刺激する物質です。

 

 

「お腹いっぱいですよー」

って教えてくれます。

 

 

 

しかし、

この「レプチン」食事を減らしていると、

レプチンの分泌量も減ってきます。

 

 

 

 

ダイエット中だから、

腹八分目にして食事を減らした事で体重が減り、

喜んでまた元の食事に戻したとたん、

レプチンの量が少ないため満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

 

 

 

 

レプチンが適正量に戻るためには、

約1ヶ月の時間がかかるのです!

 

 

 

つまり減少した体重を1ヶ月間維持すれば、

レプチンの分泌量が平常に戻り、

腹八分目で食べていたのがいつの間にか「お腹いっぱい」と変化します。

 

 

 

レプチンが正常に戻る事で、

体重が減った状態を維持できます。

 

 

体重が減っても、1ヶ月間は同じ生活を続ければ、

リバウンドは防止できます。

 

維持する

大事ですね。

 

 

 

 

 

 

初回トレーニング体験受付中。

限定25名様  20%OFFキャンペーン中!!

お問い合わせはこちら→ダイエット・中目黒パーソナルトレーニング studio n_cruise パーソナルトレーナー野口のりこ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA