ダイエット・身体をつくる5大栄養素とは?


おはようございます。

 

今朝は豚汁をつくりました。

具だくさんお味噌汁が好きな、パーソナルトレーナーの野口です。

 

<身体をつくる5大栄養素とは?>

炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル

images

 

この、5大栄養素、学生時代に勉強した記憶はありませんか?

私はありますが、今思うとあの時は全く興味がなかった事を思い出します。

というわけで、それぞれの栄養素の働きについて詳しく見ていきましょう。

 

 

炭水化物

身体を動かすため、また脳にとっては唯一の栄養素。それが「炭水化物」
私たちは1日に必要なエネルギー量の約60%をこの炭水化物からとり入れています。

 

脂質

摂取した脂質は身体の中で燃えて、身体を動かすエネルギーのもととなる栄養素。

それが「脂質」。少量でたくさんのエネルギーに変わる効率のよい栄養素なんだ。

また体温を保つ働きもあります

 

タンパク質

身体は筋肉や骨、皮ふやかみの毛や爪、脳、内臓、血液などからつくられているね。

その全ての部分の材料となっているのが「たんぱく質」なんです。

 

ビタミン

ビタミンはからだの中でつくることもできますが、それでは足りないので、食品(食事)でとらなければなりません。エネルギーをつくったり、からだを守ったり、他の栄養素の働きを手助けする役割があります。

 

ミネラル

身体の機能を助け、骨や歯のもとになったり、血液のもとになったり欠かせない栄養素。

 

 

いかがですか?

 

改めて五大栄養素を知る事で、それぞれの身体に対して大切な役目がわかります。

 

皆さんの身体をつくる食事は、どれも大事な栄養素だから毎日の食事の中でバランスよくとることが一番大切ですね。

 

女性の身体を変えるトレーニング体験受付中。

限定23名様  20%OFFキャンペーン中!!

お問い合わせはこちら→中目黒駅より徒歩3分・女性限定・完全個室のリコアスタジオ。オリジナルのトレーニング「RECORE METHOD」で女性の身体を変えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA